Category Archives: インフォメーション

パッカシットvsAKINORI 識者はこう予想する!第4弾は・・・

長尾 廸(写真家/室蘭出身)

※  格闘技写真家としては世界第一人者。元「UFC」「K-1」「PRIDE」オフィシャルカメラマンを経て現在は「修斗」「RIZIN」「KNOCK OUT」オフィシャルカメラマン。超多忙なスケジュールをさいてBOUTの撮影をも続けている。写真集に「ZANZIBAR」(あんず堂)「From Vale Tudo To MMA」(海外版)「格闘写真集 Fights」(双葉社)などがある。


勝敗予想 パッカシット判定勝利


「RISEルールではなく今回のキックルールならパッカシットは得意の首相撲に持ち込んで判定勝利。AKINORIが首相撲に捕まらなければわからないですが」

パッカシットvsAKINORI 識者はこう予想する!第3弾は・・・

布施鋼冶(スポーツライター/札幌出身)

※  得意分野は格闘技。中でもアマチュアレスリング、ムエタイ(キックボクシング)、MMAへの造詣が深い。Numberでは’90年代半ばからSCORE CARDを連載中。「吉田沙保里 119連勝の方程式」(新潮社)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。著書に「東京12チャンネル運動部の情熱」(集英社)、「なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか」(双葉社)などがあり、BOUTは旗揚げから取材を続けている。


勝敗予想  パッカシット 判定勝利


「勝負のキーポイントはキックルールで争われること。首相撲ありだとパッカシットに分があるが、序盤で必要以上に余裕を持ちすぎるようだと、AKINORIにも十分勝機はある。試合開始早々、このタイ人のリズムを崩したい。1RでAKINORIがペースを掴めなければ、パッカシットの勝利は固い」

パッカシットvsAKINORI識者はこう予想する!第2弾は・・・

TOMONORI(ISKAムエタイ世界フライ級チャンピオン/Grabs Kickboxing Studio会長)

※ キックボクシング8冠王。「神の階級」と称されるタイ人軽量級現役ランカーをKOした経験も持つムエタイキラー。


勝敗予想 パッカシットKO勝ち


「パッカシットが前半から攻めて行くと予想します。ローキックからのパンチでKO勝ち。但し、後半までもつれたらAKINORI君にも充分勝機はあります。判定勝負になったらわからないですよ」

パッカシットvsAKINORI 識者はこう予想する!第1弾は・・・

伊藤隆(元WMAF世界ウエルター級チャンピオン/TARGET会長)

※  現在は「怪童」那須川天心(RISEバンタム級チャンピオン/TARGET所属)の指導者として知られる。


勝敗予想  AKINORI KO勝ち


「パッカシットの首相撲にAKINORIがきちんと対応が出来るという前提としてAKINORIがKO勝ち。但し、首相撲地獄にはまるとパッカシットにも勝機有り」

パッカシット戦を控えたAKINORIに直撃インタビュー

先ずは7月16日に開催されたDEEP☆KICK63㎏王座決定トーナメント戦では1RKO負けという残念な結果(vs西岡蓮太/龍生塾)に終わりましたが?

―自分の思い通りに全く出来なかったのはとても悔しかったです。練習していたことも出なかったので不完全燃焼でした。

キャリア初のKO負けですがダメージは大丈夫ですか?

―ダメージは無かったのですぐ練習も再開していました。

パッカシット戦のオファーが来たときはどう思いましたか?

―会場では試合は見ていましたが、いずれはやることになるんだろうなーと思っていました。今は対戦相手がどうこうと言うよりも試合をしたかったのでオファーいただいた時点で即決しました。

今回のルールは普段のRISEルールではなくBOUTキックボクシングルールで行われますが?

―首相撲は普段から練習していますので、大丈夫です。

どのような試合展開になると予想しますか?

―最終ラウンドまで戦って、最後にKOで倒したいです!

最後に今後の目標を

―試合や相手を選ばずに、良い試合を積み重ねて上にいきたいです!

当日は良い試合を期待しています。頑張って下さい

―ありがとうございます!

SONY DSC

SONY DSC

AKINORI戦に向けてパッカシット・ウィラサクレックがGrabsに出稽古を敢行!

来る9月3日(日)琴似コンカリーニョで開催される「ノースエリア格闘技イベントBOUT28」メインイベントBOUTキックボクシングルール65kg契約3分3ラウンドでAKINORI(蹴空ジム/RISEライト級7位)との―戦が決定しているパッカシット・ウィラサクレック(WSR札幌)がISKA世界ムエタイフライ級チャンピオンTOMONORIが主宰する「Grabs Kick boxing Studio」に出稽古を行った。

パッカシットはTOMONORI会長が見守る中プロを含む選手数人とスパーリング中心のメニューをこなし、「良いトレーニングが出来た。試合までまた来たい。」とのコメントを残した。
パッカシットが所属するWSR札幌ジム木戸会長は「パッカシー(パッカシットの愛称)はAKINORI戦に備えてランニングの量も増やしている」と語っており、万全を期してこの一戦に臨む。

20170809_200009

20170809_200012

20170809_200357