Category Archives: 以前の試合

BOUT21 試合結果

ノースエリア格闘技イベント BOUT21

日時:2015年12月6日(日)17時開場17時30分試合開始

主催:BOUT実行委員会 http://bout.main.jp 問い合わせ011-562-3291

場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

チケット料金  SRS8000円RS席6500円 A席5500円

チケット発売所:チケットぴあ   0570-02-9999

Pコード830-466(セブンイレブン・サンクス店頭)

対戦カード

 第1試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 1回戦 3分3R(延長1R)

中澤 弘志vs 出口 智也

(スクランブル渋谷※札幌出身) (忠和會)

勝者 出口  判定 3-0

第2試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 1回戦 3分3R(延長1R)

田中 章一郎vs 関口 直正

(フリー ※釧路出身)    (パラエストラ札幌)

勝者 関口 KO 3R0分25秒

第3試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 1回戦 3分3R(延長1R)

山川 賢誠vs がんばれ!ふるかわくん

(札幌道場)     (Grabs)

勝者 山川 KO 2R1′20秒

第4試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 1回戦 3分3R(延長1R)

畑中 健太  vs  永山 敬之

(蹴空ジム)         (札幌道場)

勝者畑中 2R2′28秒

第5試合 RISEルールスーパーフェザー級3分3ラウンド

山口 翔平    vs  千羽 裕樹

( Grabs)             (スクランブル渋谷)

勝者 千羽 判定 3-0

第6試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 準決勝 3分3R(延長1R)

  出口 智也  vs 関口 直正

(忠和會)       (パラエストラ札幌)

勝者出口 1R2′00 TKO

第7試合 カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015 準決勝3分3R(延長1R)

山川 賢誠 × 畑中 健太

(札幌道場)    (蹴空ジム)

勝者 畑中 2R32秒KO

第8試合 ムエタイルール67kg契約3分5ラウンド

TETSURO     vs  倉沢 和行

(Grabs)            (ポコナクラブ)

勝者 TETSURO 判定 3-0

メインイベント カリアプレゼンツNorthen Supernova 2015決勝

3分3R(最大延長2R)

出口 智也 × 畑中 健太

(忠和會)       (蹴空ジム)

勝者 出口延長判定3-0(本戦判定0-1)

優勝 出口 智也(忠和會)

BOUTZERO試合結果

BOUT-ZERO
日時:2015年9月13日(日)17時開場17時30分試合開始
主催:BOUT実行委員会 TEL011-562-3291 http://bout.jp/
場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

試合結果
BOUTvsDEEP☆KICK対抗戦3vs3
RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI   vs   小山寛樹
(蹴空ジム)           (魁塾)
勝者AKINORI 判定3-0
RISE公式戦80キロ契約3分3ラウンド
克       vs   兼田祐任
(フリー)           (誠剛館)
引き分け   (判定1-0克)
RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓也      vs   政所 仁
(蹴空ジム)        (魁塾)
勝者 拓也 判定3-0

RISE公式戦ウェルター級3分3ラウンド
NJKFウェルター級6位       J-NETWORKウェルター級4位
TETSURO    vs  KAZ JANJIRA
(Grabs)          (JANJIRAGYM)
引き分け (判定0-0)
RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
大 地    vs  宮田 敦仁
(蹴空ジム)    (ストライキングAres)
勝者 大地KO  2R1′42

BOUT20試合結果

ノースエリア格闘技イベント BOUT20

日時:2014年6月13日(土)

場所:テイセンホール(札幌市東区北7東1)

【試合結果】

ISKA世界フライ級王座決定戦3分5ラウンド

UKF世界バンタム級チャンピオン

WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級チャンピオン

WBCムエタイ統一日本フライ級チャンピオン

WBCムエタイ統一前日本バンタム級チャンピオン

元NJKFフライ級チャンピオン

MACHGOGOフライ級日本最強決定トーナメント優勝

  TOMONORI(OGUNIGYM※札幌在住)

                 vs

             WPKL世界バンタム級チャンピオン

        WBCムエタイバンタム級インターナショナルチャンピオン

                 WMCヨーロッパ52kg級チャンピオン

                 IMKOヨーロッパバンタム級チャンピオン

            “THE ROCK”ポール・ダ・シルヴァ

      (イギリス※クリーリーマーシャルアーツアカデミー)

     勝者シルヴァKO3R1′32

セミファイナル 日タイ国際戦ムエタイルール58kg契約3分5ラウンド

RISEフェザー級8位           元ラジャダンナムスタジアムフライ級8位

永山 敬之     vs    ナロンチャイ・ファンパサート

  ドロー 判定1-0(ナロンチャイ)

第六試合RISE公式戦ライト級3分3ラウンド延長1ラウンド

  RISING ROOKIIES CUP2014ライト級優勝      RISEスーパーフェザー級6位

        AKINORI      vs  石澤 大介

        (蹴空ジム)           (パラエストラ札幌)

     勝者AKINORI判定3-0

   第五試合 キックボクシングルール70キロ契約3分3ラウンド

バッカシット・ウィラサクレック   vs 長谷川 豊

(ウィラサクレック札幌)          (KFG URAWA※札幌出身)

      勝者 パッカシット KO1R2′47

第四試合 RISE公式戦ライト級3分3ラウンド

      獅・センチャイジム  vs 吉田 敢

   (センチャイムエタイジム) (ゴールデングローブジム※恵庭出身)

     勝者吉田判定2-0

       第三試合RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド

      出口 智也  vs  永井 健太郎

        (忠和會)       (KICK BOX)

       勝者出口判定3-0

      第二試合 シュートボクシング公式戦エキスパート特別ルール

スーパーウェルター級3分3ラウンド

ほそえ としひろ      vs アローイ石橋

(志真会館)              (パラエストラ札幌)

          勝者アローイ判定2-1

       第一試合  REBELS公式戦55kg契約3分3ラウンド

         中澤 弘志       vs   充志

(スクランブル渋谷※札幌出身)      (RIKIX)

引き分け1-1

オープニングファイトRISE公式戦64kg契約3分3ラウンド

GO  vs   飯塚 祐己

           (蹴空ジム)      (KFG URAWA)

     引き分け1-0(GO)

        オープニングファイト RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド

         畑中 健太       vs 千羽 裕樹

           (蹴空ジム)           (スクランブル渋谷)

        勝者畑中判定3-0

  オープニングファイト RISE公式戦56kg契約3分3ラウンド

  拓也  vs 平田“パラケート”修

 (蹴空ジム)           (TRY-EX)

勝者  拓也判定3-0

BOUT19プレヴューVOL.1

       RISE第3代ライト級王座決定トーナメント1回戦3分3ラウンド延長1ラウンド
 RISEライト級1位          RISING ROOKIIES CUP2014ライト級優勝
麻原 将平   vs   AKINORI
(正道会館)         (蹴空ジム)
 北海道期待の新人王がタイトル獲りへ
格上の関西の雄と試練の一騎討ち

 2013年3月にデビューして以来、怒濤の9連勝をマーク。2014年にはRISEの新人王に値する「RISEING ROOKIES CUP」ライト級でも優勝を果たしたAKINORIが地元北海道のリングで2015年のスタートを切る。しかも、舞台はRISE第3代ライト級王座決定トーナメント一回戦。このまま上昇気流に乗りたいAKINORIの前に立ちはだかるのは、RISE同級1位で正道会館に所属する麻原将平だ。
昨年1月に開催されたRISEライト級王座挑戦者決定トーナメントでは極真空手の藤田雄也とRISE三階級制覇の裕樹を破って優勝。当時イ・ソンヒョンが保持していた同級王座に挑戦した関西の雄だ。正直、過去の実績を比較すると麻原の方が格上といわざるをえない。もっとも、何が起こるかわからないのが格闘技の醍醐味でもある。地元の熱い声援を背に、AKINORIは”ミラクル”を起こすことができるだろうか。

     RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド
                                 2014全日本空手道選手権大会軽量級3位
          出口 智也      vs    池田 進人
           (忠和會)               (正道会館)

 昨年11月18日のBOUT18で関口直正を強烈な右フックでKOに追い込んだ出口智也。これで通算戦績は7戦全勝(2KO)。BOUT13ではのちにシュートボクシング日本王者の伏見和之を破ることになる宮崎就斗を下すなど、その成長ぶりは目を見張るばかりだ。地方在住のハンディを補うために総合格闘技にも取り組むなど努力も怠らない。そんな出口と対峙するのは池田進人。昨年の全日本選手権では関東勢としては唯一ベスト4に生き残る一方で(3位)、キックボクサーとしてはRISEを主戦場とする正道会館埼玉支部期待のホープだ。この一戦を足がかりに全国区進出を果たしたい出口の右か? それとも池田の空手仕込みのテクニックか?

    

RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド
          関口 直正        vs   西田 勇人
       (パラエストラ札幌)         (バンゲリングベイ)

 昨年11月、BOUT18で出口智也と対戦した時には「空手バカ一代」のテーマ曲に乗って入場してオールドファンの拍手を受けたMMAファイターの関口直正。残念ながら試合は壮絶なKOで敗れてしまったが、恵まれたリーチはポテンシャル十分といえる。新婚パワーにも後押しされる形で、今夜は再びRISEルールに挑戦する。
一方、青コーナーから登場する西田勇人は昨年10月に1年ぶりにカムバック。再起を誓うバンゲリングベイのガッツマンだ。今夜は同門で北海道出身の林美久の応援団も西田の応援に回ることが予想される。第1試合から熱い応援合戦の中、激しい攻防が繰り広げられるか。