Monthly Archives: 3月 2010

BOUT-Ⅵ試合結果

アマチュアクラス2分3ラウンド
第1試合笹崎和貴(武心剛術会)VS草山圭(ファイティングマスター)
勝者:草山判定3-0
第2試合田辺富彦(士道館札幌道場j)VS藤木茂之(一信会館)
勝者:田辺判定3-0
第3試合能登崇(忠和會)VS辻雄二郎(武現塾室蘭支部)
勝者:能登(判定)3-0
第4試合松尾泰祐(NBFC)VS国井洋平(ALIVE真狩)
勝者:松尾判定3-0
プロフェッショナルオープニングファイト
第1試合3分3ラウン
黒ひげ危機一髪!(CORE)VS楠美隆(T-Pleasure)
勝者黒ひげ判定3-0
第2試合3分3ラウンド
泉耕太(チームドラゴン)VS楠本成秀(レフティージム)
勝者:泉判定3-0
空手特別試合2分2ラウンド延長1ラウンド
北濱精悦(白蓮会館小樽支部)VS越智勝(北心会)
勝者:北濱本戦判定3-0
キックボクシングルール3分3ラウンド
田中俊輔(大道塾吉祥寺支部)VS亮AKB(PUREBRED川口REDIPS)
勝者:田中判定3-0
シュートボクシングルール3分3ラウンド延長ラウンド無制限
石川剛司(シーザージム)VS永山敬之(士道館札幌道場)
勝者:石川判定3-0
セミファイナルキックボクシングルール3分5ラウンド
木村天鮮(レグルス池袋)VS増倉敦(Team Ice)
勝者:木村3ラウンド2分19秒TKO
メインイベント日韓国際戦キックボクシングルール3分5ラウンド
TOMONORI(OGUNI GYM)VS民 洞現(トボン国際ジム)
勝者:TOMONORI判定3-0

イベント当日TOMONORI選手Tシャツ発売!

当日、会場内にてTOMONORI Tシャツを限定50枚のみ販売致します。
価格は2500円 売り切れ次第販売終了致します!

メインイベント  TOMONORI対民 洞現

「立ち技国内軽量級最強の男」TOMONORI選手が1年ぶりに故郷札幌のリングに上がります。
今回の対戦相手は国際キックボクシング連盟1位で身長は175センチとTOMONORI選手を大きく上回り、決して油断は出来ない相手です。
TOMONORI選手は「早いラウンドでKOする」民選手は「勝つ為に札幌に行く」とコメントしており、激しいファイトが期待できそうです。

シュートボクシング公式戦 石川剛司対永山敬之

打撃格闘技界の雄、シュートボクシングが北海道初上陸です。
石川選手は、今回シーザー武士会長直々の指名で出場が決定し、過去にはK-1フェザー級チャンピオン村浜武洋選手・パンクラスチャンピオン砂辺光久選手を下しており、SBルールでは有効の投げ技やフロントチョークスリーパーで何度もKO勝利・ギブアップ勝利を収めています。
対する「北海道唯一のプロキックボクサー」永山選手も普段からプロシューター達と総合格闘技のトレーニングを積んでおり、このルールには何の抵抗もありません。
両選手のプライドを掛けた戦いになりそうです。

空手特別試合  北濱精悦vs越智勝

今回の空手特別試合は、今まで行われた空手特別試合と違い、「勝ち負けを競う試合」です。
越智選手は、今回の試合に備え、コンディションも整えており、ベストの状態でリングにあがります。
以前練習もままならないまま出場し、準決勝で敗れた某大会時とは比較にならない強さを今回は秘めています。
迎え撃つ北濱選手も「必ず一本勝ちします!」と力強く語ってくれました。
両選手と最近スパーリングした某空手家いわく、「あの時の越智選手と今の越智選手は全く別人。勝敗は全くわからないです」
BOUT-Ⅵの裏メインの呼び声が高いこのカードの結末は果たして?