BOUT11 試合予想vol.2

シュートボクシング公式戦 エキスパートルール3分3ラウンド延長ラウンド無制限
シュートボクシング日本ライト級2位
石澤  大介    vs   菅原  悠次
(パラエストラ札幌)       (シーザー力道場)
″北のミルコ″の異名を持つプロシューター石澤大介(石狩高校出身)が初めてBOUTに参戦。2度目となるシュートボクシング公式戦で菅原悠次に挑む。昨年11月5日、石澤は東京ドームシティホールで行なわれた修斗のビッグイベントで初めてシュートボクシングルールに挑戦。立ち技のエキスパート・歌川暁文から右ストレートでダウンを奪う健闘を見せた。
この一戦でシュートボクシングの魅力に目覚めた石澤は、再びパンチやキックだけではなく、投げやスタンド状態の極め技も認められた立ち技MMAに挑戦する。
対する菅原は新世代が集うシーザー力道場の元気印。若手の登竜門ヤングシーザー杯でMVPを獲得したこともある逸材だ。今夜はリングサイドからシュートボクシングの創始者であるシーザー武志氏もこの一戦の行方を見守る。シュートボクシングのキャリアでは菅原に分があるが、石澤には一発で試合の流れを引っくり返せる一発がある。北のミルコのアップセットに期待したい。
スポーツライター 布施鋼治

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です