BOUT11試合予想vol.4

メインイベント 日タイ国際戦スーパーフライ級契約 3分5ラウンド
UKF世界バンタム級チャンピオン
WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級チャンピオン
元WBCムエタイ日本バンタム級チャンピオン
元NJKFフライ級チャンピオン
マッハ55軽量級チャンピオン              元ルンピニースタジアムフライ級3位
TOMONORI vs    パンデーン・シットモンチャイ
(OGUNI GYM)           (タイ)
札幌に活動の拠点を移した北の小さな巨人がムエタイの強豪を迎え試練の一戦!
来る4月1日、札幌に自ら代表を務める『GRABSキックボクシングスタジオ』をオープン。活動の拠点を古里に移す″北の小さな巨人″TOMONORIが試練の一戦を迎える。青コーナーから登場するのはパンデーン・シットモンチャイ。かつてムエタイ二大殿堂のひとつルンピニースタジアムが認定するフライ級3位にランクインしていた強豪ムエタイ戦士だ。
昨年12月4日にはNJKF新宿FACE大会で凱・センチャイジムをパンチでKOするなど、パンデーンは打ち合いになっても一歩も引かない激しい気性を持ち合わせている。至近距離からの打ち合いを好むTOMONORIとも相性は合うだろう。
もっとも、TOMONORIは2月18日のNJKF後楽園ホール大会でロミー・アダンザとWBCムエタイ・インターナショナル・Sフライ級王座決定戦を争い、2R0分19秒ヒジによるカットでTKO負けを喫したばかり。傷口の回復具合が勝負の流れを左右するか?
スポーツライター 布施鋼治

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です