BOUT13プレビュー2

RISEルールスーパーフェザー級契約3分3ラウンド
蔵田 圭介    vsひろき ☆感激!
(ALIVE倶知安)    (蹴空ジム)

困った時には俺に任せろ。倶知安の実力者がジムに住み込みで腕を磨いた成長株と激突!
当初は札幌出身の中澤弘志(スクランブル渋谷)が出場予定だったが、10月5日の試合でKO負けを喫したために出場不可能に。そこでピンチヒッターとして蔵田圭介がひろき☆感激と対戦することになった。
現在ALIVE倶知安を主宰する蔵田はBOUTの常連。ベースは総合格闘技ながら、UFCで活躍中の日沖発が所属する名古屋のALIVEで培った実力は折り紙付きだ。今年3月18日に札幌で行われたBOUT11では出口智也と一進一退の攻防を繰り広げたことは記憶に新しい。
そんな蔵田と対戦するひろきは、ここ数年数多くのアマチュア選手を様々な道内の大会に送り込むことで一躍知られるようになった蹴空ジムの所属。最近は複数のムエタイ戦士を抱える川崎のSジムに住み込みで練習することでめきめき腕をあげたという。今年6月には東京でもKO勝ちを収めた。1ラウンドから激しい火花が散るような一戦になるか。

BOUTキックルールバンタム級契約3分3ラウンド
佐々木 司  vs津田  鉄平
(GRABS)     (レフティージム)

帰って来たぜ。東京で腕を磨いたUターン戦士が叩き上げのエリート戦士と異次元対決

かつて”黒髭危機一髪”という奇抜なリングネームで活躍した男が心機一転。本名の佐々木司で勝負をかける。佐々木は札幌出身。学生時代にかわいがられた先輩のTOMONORIに影響を受けてキックの道へ。しばらくは東京で活動を続けていたが、師とあおぐTOMONORIのUターンに合わせ、佐々木も故郷に舞い戻った。現在はTOMONORIが切り盛りするGRABS所属の選手として日々汗を流す毎日だ。地元の試合でカッコ悪い姿は見せられない。
ただ、津田鉄平は強敵だ。今年になってからは月イチペースで試合をこなし、実戦の勘を磨き続けている新宿レフティー期待の星なのだ。今夜は満を辞してのプロデビュー戦となる。素顔は英語も堪能な一流企業のサラリーマンながら、ジムに顔を出すと練習の虫に大変身。タイで武者修行した経験もあり、浜川憲一会長は「いま、レフティー愛が一番強い選手」と太鼓判を押す。熱い試合になるか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です