BOUT15函館大会  プレヴューVol.1

シュートボクシング公式戦エキスパートルール60キロ契約3分3ラウンド

RISEスーパーフェザー級6位         2013北斗旗全日本空道体力別選手権大会優勝
石澤  大介           vs         末廣  智明
(パラエストラ札幌)                (大道塾 吉祥寺支部)

北のミルコVS北斗旗王者
BOUTならではの夢の対決が実現

様々な団体や組織が集うBOUTならではのビッグマッチが実現した。プロシューターとして活動する傍ら、BOUTでの実績が認められてRISEスーパーフェザー級6位にランクイン。立ち技ファイターとしても活動するようになった”北のミルコ”石澤大介(札幌在住)が試練の一戦を迎える。
北斗旗全日本空道体力別選手権優勝の実績を持つ一方、ムエタイファイターとしても活躍する末廣智明と闘うことになったのだ。5月26日、札幌で行なわれた『BOUT-ZERO』で九州から来襲したキューピーを右ハイキック一発で電撃KO。その存在を改めてアピールした石澤だが、末廣は過去最強の敵といっても過言ではあるまい。というのも、過去に末廣は小宮山工介、板橋寛、中須賀芳徳、菅原勇介、前田尚紀といったそうそうたる面々を下しているのだ。
師は今年44歳で北斗旗を制し、いまもムエタイの研究に余念のない飯村健一。その飯村から伝授されたムエタイテクニックは他の追随を許さない。しかも、末廣のベースは打撃だけではなく、投げや極めも認めた空道だ。シュートボクシングルールも既に経験済みで、全く不安はないだろう。石澤の勢いか、それとも末廣の技巧か。一瞬たりとも予断を許さない一戦になりそうだ。
(スポーツライター 布施鋼冶※札幌出身)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です