BOUT17函館大会プレヴューVOL.4

シュートボクシング公式戦スーパーウェルター級3分3ラウンド延長ラウンド無制限
シュートボクシングスーパーウェルター級チャンピオン 2009全日本グローブ空手道選手権大会優勝
     坂本  優起        vs  藪中 謙佑
   (シーザージム※函館出身)      (ANCHOR GYM) 
お帰りなさい。絶好調のシュートボクシング中量級エースがグローブ空手王者を迎え撃つ
函館で生まれ育ったシュートボクシングのスーパーウェルター級王者・坂本優起が3年連続で地元に凱旋。全日本グローブ空手選手権優勝の実績を持つ藪中謙佑を迎え撃つ。
昨年のBOUT函館大会で平尾大智を撃破して以来、坂本は絶好調で5連勝中。今年4月にはISKA オリエンタル・インターコンチネンタルSウェルター級王者の小西拓槙からダウンを奪った末に判定勝ち。その勢いで9月には黒木慎一郎を挑戦者に迎えての初防衛戦に臨み、最後は左フックでTKO勝ちを収めたばかりだ。
今夜はノンタイトル戦となるが、藪中は強敵だ。先日RISEで3階級制覇を成し遂げた”博多の悪童”裕樹の指導を受けて台頭。5月には実力者として知られる青野剛士を大差の判定で下している。勝負が長引けばスロースターターの坂本が有利ながら、70㎏級離れしたスピードが持ち味の藪中が序盤で突破口を切り開けば勝負の行方はわからない。
スポーツライター 布施鋼冶(札幌出身)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です