BOUT20プレヴューVOL.2

第一試合  REBELS公式戦55kg契約3分3ラウンド
         中澤 弘志       vs   充志
       (スクランブル渋谷※札幌出身)      (RIKIX)
組み付き3秒以内の攻撃はOKを堪能せよ
新興勢力REBELSが再び北海道へ。
昨年11月開催の『BOUT18』では北海道初のREBELS公式戦に出場して、土橋朋矢と一進一退の攻防の末引き分けた”ZAWA-3”こと中澤弘志が7か月ぶりに故郷に凱旋。前回同様REBELSルール(組み付いた状態で3秒以内の攻撃が有効)での一戦を行なう。青コーナーから登場するのは充志。J-NETWORKやNJKFのアマチュア王者となり、プロに転向した”キック界の赤いバラ”小野寺力氏に師事する34歳だ。最近はJ-NETやREBELSを主戦場にしている。お互いコンコツと相手にダメージを蓄積させてから勝負に出るタイプだけに、後半勝負の一戦となるか。
第二試合 シュートボクシング公式戦エキスパート特別ルールスーパーウェルター級3分3ラウンド
         ほそえ としひろ      vs アローイ石橋
           (志真会館)              (パラエストラ札幌)
関西の強豪を迎え、パラエストラ札幌の雄がシュートボクシング初挑戦!
2012年11月に苫小牧で開催された『BOUT13』ではメインイベンターとして登場したアローイ石橋が久々にBOUTに登場し、関西を拠点に活躍するシュートボクサーのほそえとしひろと雌雄を決する。石橋がシュートボクシングに挑戦するのは今回が初ながら、パラエストラ札幌が「首相撲や投げは問題ない」と太鼓判を押すだけに好勝負が期待できそうだ。対するほそえは過去に現シュートボクシング王者の坂本優起、HEAT王者のダニロ、ザノリニらそうそうたる面々と闘ってきたキャリアを誇る30歳だ。活躍の場はシュートボクシングだけではなく、05年に開催の掣圏真陰流トーナメントで3位に入賞したことも。アローイのルールへの適応能力が勝負のカギを握っている。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です